見覚えのない発信先からの連絡に応答した父親は、後に息子の命を救った

何でもない日に、間違いメールが届きました。あなたならどうしますか?多くの人がそうであるように、あなたも「すみませんが、宛先が違います」というメッセージを送るでしょう。トニー・ウッドという男性とって、それはまったく別の話でした。間違いメールを受け取った後、彼は別のことをすることにしました。

Advertisements
Advertisements

多くの人が普通にすることではなく、彼はその不思議なテキストに面白い方法で答えることにしました。結局のところ、失うものは何だったのか?それはただのメッセージであり、誰も傷つけることはできません。彼は知る由もなかったのですが、このメッセージに答えることで、彼の子供の命が救われることになります。

奇妙なメッセージ

2018年、トニー・ウッドは自宅で子どもたちとのんびり過ごしていると、見知らぬ番号からメールを受け取りました。しかし、それは彼にとって通常とは異なるものではありませんでした。

不動産業を営む彼は、知らない番号からのメールを受け取ることに慣れており、彼の番号は多かれ少なかれ公開されていました。メールの内容は、朝まで待てないバイヤーからのメールだと予想されました。しかし、それを読んだ瞬間、「これはデジタル社会の間違いの典型だ」と気付きました。今にして思えば、このテキストは実際に彼の子供の命を救うことになるのです。

間違った番号

その間違った電話番号は、相談に乗ってほしいという10代の女の子からのものだったことがわかりました。彼女は誤ってウッドにおしゃれなドレスを着た写真を送ってしまったのです。女の子は「これはどう思う?」と書いていました。

ウッドは、その女の子がプロムや結婚式などの特別なイベントの準備をしているのだろうと考えました。それは、彼女が本来メールをするべき相手にアドバイスを求めていることが明らかだったからです。ウッドには経験がありませんでしたが、少しでも楽しんでもらおうと思いました。彼は父親であり、自分が送った写真に真摯な意見を持っていないと、女の子がどれだけ失望するかを知っていたからです。

優しさの小さな行為

ウッドには素晴らしいアイデアがあった。彼は、子供たちに助けを求めることにして、意見を聞いてみました。子供たちは自分のアイデアを熱心に語っていました。ドレスが女性に似合っているのが気に入ったようです。

そして、ウッドは子供たち全員に集まってもらい、写真を撮ることにしました。彼は子供たちを巻き込んで、女の子のドレスを評価するつもりでした。子供たちは皆、親指を立てて、このドレスを気に入ったことを伝えます。写真を撮って、その女性に送りました。これが物語の始まりになるとは思ってもいませんでした。

反応無し

子供の写真を撮るのが好きでしたが、ウッドはその女性から何の反応もないと思っていました。でも、彼は気にしていませんでした。彼がやりたかったのは、見知らぬ人を笑顔にすることだったからです。

だからこそ、彼は行動したのです。一方で、彼の子供たちは返信が来るか不安でした。

残念ながら、何時間も待っても彼女からの返事はありませんでした。結局、家族はそのことをすっかり忘れて生活をしていました。そして、数週間が過ぎた頃、その男性はインターネットで何かを読み、驚きを隠せませんでした。

衝撃的な発見

その女性が返事をしなかったので、ウッドは自分の生活を歩むことにしました。しかし、実際にはそうではありませんでした。ビジネスマンであれば、注目を集めるためにソーシャルメディアがいかに重要であるかを知っています。

ある日、Twitterをスクロールしていると、数週間前にその女性に送った子供の写真が目に入りました。どうやら、マンディ・ミラーという女性からのもので、ウッドに送ったドレスの写真も添えられていた。まさかインターネットで写真が出回るとは思わず、子供の写真を見て最悪の事態を予想していましたが、嬉しいサプライズがありました。

Twitterで有名

また、写真だけではなく、説明も添えられていて、状況を説明しています。その謎の女性は、実はミラーの友人のシドで、ウッドのメッセージに恥ずかしがって返事をしなかったのでした。

ようやく全てが理解できるようになりました。このドレスの写真を送ってきた人の名前がやっとわかりました。それなのに返事をしないのは、その女性に失礼だ。しかし、もっと驚いたのは、このツイートが拡散し、15万件以上のリツイート、68万件以上の「いいね!」、500件以上のコメントを獲得していたことです。ウッドは彼女から返事をもらうことはなかったが、ツイッターでそのことをすべて読むことができただけで満足していた。

「こんにちは」を送信する

トニー・ウッドは、マンディ・ミラーやシドが誰なのか知らなかったが、もう一度連絡を取ってみようと考えました。ウッドは、このツイートに反応して、自分が子供の父親であることを紹介することにしました。

また、このツイートに出会ったのは不意打ちだったとも述べています。仮にそこで物語が終わったとしても、物語の結末としては素晴らしいものだったと思います。こんなに素敵なやりとりを、ランダムな電話番号がきっかけでする人はなかなかいないでしょう。それは非常に珍しいことでした。しかしウッドは、自分の答えがプラットフォーム上で雪だるま式に広がっていくことを知らなかった。

行方不明の家族

マンディへのツイートの中で、ウッドは家族についての個人的なことにも触れています。彼は、自分が送った写真には、実は妻と6歳の息子の2人の家族が写っていないことを明かしました。

家族は、息子が入院していて暗い気持ちになっていたので、無作為に親切な行為をすることにしたのです。母親は、息子さんがかなり重い病気にかかっていたため、病院に連れて行ったのです。そんな中でも、ご家族は元気な顔をして、精一杯の努力をされていました。しかし、ミラーはもちろん、その少年がなぜ病院にいるのかを知りたかった。

カイズラーは何を持っていましたか?

トニーと彼の家族は、以前からこの困難な状況に対処していました。笑顔を見ることができても、小さなカイズラーは最高の健康状態ではなく、入退院を繰り返していたのです。

間違いメールが起きる数年前、幼いカイズラーは急に体が弱くなり、なぜか熱が出て治らなくなってしまいました。最初、両親は彼がインフルエンザにかかったのだろうと思っていました。しかし、症状は進行していきました。

ウッドと妻は、カイズラーを病院に連れて行きましたが、医師は彼の病気の原因がわからなかったのです。しかし、検査結果を見ると、カイザーはインフルエンザでもなく、おたふく風邪でもなかったのです。

精密検査を行う

症状は続いており、医師はその原因を突き止めるのに苦労しました。次々と仮説を消していきました。彼の状況はかなり特殊で、医師は問題を発見するのに時間がかかりました。

しかし、医師はあきらめませんでした。母はカイズラーのどこが悪いのかを知りたかったので、血液検査を依頼しました。ウッドと妻のレイチェルは、その真相究明に躍起になっていました。わからないからこそ、不安が募るものです。病気が始まる前のカイズラーは、とても幸せで生き生きとした子供だったのですから。

それははるかに悪かった

今では、ベッドから出るのも奇跡のようになってしまった。両親は「絶対におかしい」と思っていました。血液検査の結果、医師が明らかにしたことは、彼らの人生を大きく変えるものでした。

ある日、病院からトニーとレイチェルに電話があり、一刻も早くカイズラーを連れてきてほしいと言われます。その結果、医師は深刻な感染症か、最悪の場合は白血病ではないかと心配しました。

このニュースは、ウッド家に衝撃を与えました。この一連の出来事は、愛と幸福の時であるクリスマスの数日前に起こった。彼らは、クリスマスの奇跡を期待し始めました。トニー・ウッド氏は、「私たちの人生において、深刻なウイルス感染症のためにこれほど懸命に祈ったことはありませんでした」と語ります。

壊滅的なニュース

クリスマスイブの前日、トニーとレイチェルはカイザーの医務室に座っていました。彼女はようやく息子の病気の診断を受けました。残念ながら、ウイルス感染ではありませんでした。

それはもっと深刻なものであり、彼らが恐れているものだった。医師は、カイザーが白血病であることを夫妻に告げたのでした。

確かに、この知らせはとても悲惨なものでしたが、夫妻は同情している暇はありませんでした。彼らは、カイズラーと共に病気に立ち向かおうとしました。彼らは、カイザーが白血病との闘いに勝利することを願い、祈りを捧げ始めました。

希望を保つために

カイズラーが白血病であることを知り、彼らは心を痛めましたが、最後にはすべてがうまくいくと信じていました。もとは健康な子供だったので、これを克服するだろう。笑顔で病気と向き合うことを決意したのです。

神の助けがあれば、病気は必ず克服され、家族のために神が助けを与えてくれると信じていました。

ウッドは「しかし、このような状況にあっても、私たちは神が共におられることを知っています」と語っています。「主は何度も私たちにご自身を示してくださり、この困難な時期を見守ってくださると確信しています」。彼は知らなかったのだが、神は実に不思議な方法で働いておられる。

カイズラーのための祈り

トニーとレイチェルは、カイズラーの白血病を知ったとき、Facebookで「Prayers for Kaizler(カイズラーのための祈り)」というグループを立ち上げました。彼らは非常に信心深い人たちで、これを見た人が祈りを捧げ、可哀想なカイズラーを助けてくれることを願っていました。

しかし、このようなグループには、単なる祈り以上のものが寄せられることが多い。このFacebookグループを作った家族の最大の目的は、カイズラーの状況を知ってもらうことでしたが、それ以上のものを受け取ったのです。始まりは、見知らぬ人が自分の手で問題を解決したことでした。ソーシャルメディアは、同じ目的のために人々を集め、また同じ信念を持つ人々を結びつけるのに非常に有効な手段でした。

注意を引く

フェイスブックを利用していたカイズラーの両親は、フェイスブックが人々の意識を高める力があることをよく知っていました。また、世界中の人々の助けを得るためには、フェイスブックが最適な手段であることも知っていました。

このFacebookページが徐々に注目を集めるようになると、トニーは自分のTwitterアカウントでリンクを共有することにしました。一日後、目を覚ますと、Facebookのアカウントでこのページをフォローしている人が増えていました。

Twitterのユーザー@iluminaughtyが、トニー連絡しました。ユーザーは写真を設定しておらず、ほとんど何もツイートしていませんでした。トニーはこの人が誰であるかを知りませんでしたが、それでも、彼はグループの新しいメンバーについてあまり知りませんでした。

奇妙な要求

インターネットは時に良いこともあれば、悪いこともあります。トニーは最初、かなり警戒していたし、子供を守るのは彼の仕事だったが、神の意思がドアをノックしているようだった。

この謎のTwitterユーザーは、トニーを助けることにしたのです。トニーに連絡を取った翌日、@iluminaughtyは、発生した医療費をカバーするためのカイズラーのGoFundMeページのリンクをツイートしました。

トニーとレイチェルは、この人が自分たちを助けたいと思ってくれていると信じていました。また、当時は「カイザーのためなら何でもする」という姿勢でした。@iluminaughtyさんは、元の写真にカイズラーが写っていなかったことに触れ、ツイートで親指を立てています。

カイズラーからの救いの手

そして、Twitterユーザーの@iluminaughtyは、カイズラーが親指を立てている写真を求めました。トニーは、このユーザーが、バイラルツイートで自分たちを認識したに違いないと考えました。「配慮に感謝して、カイズラーが親指を立てている写真を送ります!」

このツイートを覚えているのは彼だけではありませんが、関連性を見出すことができたのは彼だけだったようです。このユーザーはとても親切で、まるでトニーが見知らぬ人に親切にしたことに対し、このユーザーがお返しをするかのように、助け舟を出してくれました。

トニーがこの写真をアップロードした後、ウッド家の状況はさらにおかしくなっていきました。

再びウイルス

カイズラーの写真がアップロードされた後、家族は再び拡散されました。トニーが共有したカイズラーの新しい写真に人々は反応し続けました。

ウッドは、「子供たちにツイッターで有名になったと伝えたところ、子供たちはクールだと思ったものの、嬉しい反応は得られませんでした。主な理由は、子供たちがツイッターを正確に知らないからです」と振り返ります。

今回、家族が拡散されたことで、カイズラーのGoFundMe口座への寄付が増えることを祈りましたが、まさにその通りになりました。「本当に驚いたのは、GoFundMeの口座が増えたことでした」とトニー・ウッドは言います。

Twitterに感謝します!

その時点で、トニーのTwitterアカウント、Facebookグループ、GoFundMeアカウントはすべて注目を集めていました。実際、わずか数時間で、家族は大金を手にすることができたのです。

トニーさんは、「GoFundMeに1000ドルが追加されたことをツイートしたのを覚えています!」と振り返ります。「私たちはとても興奮しました。この1,000ドルの追加は、私たちにとって大きな救いとなるはずでした。」

家族は@iluminaughtyが無料で宣伝してくれたことに感謝しているようでした。意図的かどうかは別にして、彼らは祈るようにして助けを得ました。しかし、それだけではありませんでした。

1日後

一家は精神的・経済的支援の多さに圧倒されました。実際、わずか24時間の間にGoFundMeページで設定した目標額の2倍以上を寄付を受け取ったのです。

これは一家にとって驚くべきニュースで、彼らの予想をはるかに超えるものでした。彼らは神への信仰を続けることが正しかったのです。彼らが受けた寛大さは信じられないほどで、大きな救いとなりました。白血病の治療費は、寄付金で全額まかなえる予定でした。そのため、ウッド家が善意の人々から支援を受けることは、祈りが通じたことになります。金銭面の心配がなくなったことで、二人は息子のことに集中できるようになりました。

ソーシャルメディアの力

ソーシャルメディアは諸刃の剣でもあります。憎しみやネガティブな雰囲気が漂う場所でもありますが、奇跡が起こり、祈りが答えられる場所でもあります。

このケースでは、インターネットユーザーはウッド家を助けるために送られた天使であり、小さなカイズラーの回復に多大な貢献をしました。

最終的にGoFundMeページには、推定で62,000ドルの資金が集まりました。彼らは当初1万ドルだけ要求していましたが、その金額であれば、カイズラーの治療費をすべて賄うことができます。それだけでなく、家族は世界中の人々から親切なメッセージを受け取りました。

注目を集める

インターネットの力で、世界中のメディアがこの家族の話を取り上げ、世界中に伝えようとしたのでした。メディアに取り上げられたことで、ウッド家への支援が増えました。

それは、ウッド家にとっても予想外の出来事でした。「私たちは、友人や家族から信じられないほどのサポートを受けています。祈りは途切れることなく続いています。人々は自分の時間とエネルギーを捧げて、できる限りの支援をしてくれています」とトニーは言います。見知らぬ人からの支援は、金銭的なものだけでなく、精神的なものも含まれていました。

仕事を辞める

全てが始まる前、トニーは不動産業者として働いていました。しかし、彼はその後、不動産業者の仕事を辞めて、自身のTwitterアカウントで説明しているように、「複数の仕事をする生活」を再び始めることにしました。

ウッドは、6人の子供の育てる妻を援助し、カイズラーの白血病の治療を助けながら仕事をするのはかなり難しいと感じています。しかし、ウッドは妻を助けるために休んでいるだけだと考えていいでしょう。落ち着いてきたら、仕事にも復帰するかもしれません。

過去の更新

トニー・ウッドは、このようなことが起こるとは思っていませんでした。すべては、見知らぬ人からの機嫌の良いメッセージに応えようと思ったからです。それ以来、彼はその文章に反応したときから始まった一連の出来事を振り返っています。

「社会は、若い女性に特定の容姿や体型を求めるプレッシャーを与えています」とDaily Mail Australiaに語っています。「人の目を気にせず、自分らしく生きること 」を子供たちに教えようとしています。そんな中でも、幼い娘はすでに「周りに合わせたい」という気持ちを表していて、このお嬢さんにはその自信が必要だと思いました。

@Iluminaughtyの正体

やがて家族は、自分たちを助けてくれた謎のユーザーのことを知ることになります。トニー・ウッドはインタビューの中で、Twitterユーザーの@iluminaughtyが「インドから来た素敵な男性」であることに言及しましたが、それ以上の詳細は明かしませんでした。

トニーがこのユーザーについて詳しく話したくなかったのには、それなりの理由があるのだろう。目立たないようにしたかったのかもしれない。この話が広まった後、このユーザーはTwitterのハンドルネームを「@_Hedge」に変更しました。なぜ彼がこのようなことをしたのかはまだ不明ですが、彼のTwitterのプロフィールには “ヘイトをやめて、愛しましょう”と書かれています。それが彼の性格をよく表しています。

最後の治療

2019年3月、忠実なGoFundMeページのフォロワーは、トニーからエキサイティングなアップデートを受け取りました。「あと数回の診療で、カイズラーは最後の化学療法を受けることができます(再発しないことを神に望んでいます)」とのことです。

このような方々からの支援がなければ、ウッド家はカイズラーの治療費のために多額の借金をしなければならなかったでしょう。

この化学療法は、効果を発揮したようです。更新された画像には、満面の笑みを浮かべる若き日のカイズラーの姿があります。カイズラーは元気になったようですね。間違いメールのおかげで、ウッド家の状況はかなり明るくなりましたね。

Advertisements
Advertisements