ある高校の生徒たちは、新任校長の疑わしい過去を発見した

ピッツバーグ高校に新しい校長が就任した。この出来事に興味を持ったジャーナリスト志望の生徒が、学校新聞に記事を書きたいと言い出しました。

Advertisements
Advertisements

若者たちはすぐに学生新聞制作の仕事に取り掛かり、新しい校長についての調査を始めました。しかし、彼らはその内容に大変驚き、校長のことを知るにつれ、ますます不安になっていきました。エイミー・ロバートソン博士の過去のいったい何が、学生たちを不安にさせたのだろうか。

ピッツバーグ高校

1887年に南部のカンザス州に設立されたピッツバーグ高校は、同名の都市最大の高校です。本校はその起源を非常に誇りに思っており、非の打ち所のないパブリックイメージを維持するために常に注意を払っています。

65名のスタッフと860名の生徒が在籍し、卒業生にはNFLのレジェンドであるKerry Meier、Shad Meier、Bill Russellなどがいます。このように、ピッツバーグ高校の使命は、自分の選んだキャリアを追求しながら、社会に積極的に貢献する個人を育成することにあります。

学校新聞

Booster Redux」は、学生向けの出版物で、いわば学校新聞です。また、いくつかの賞を受賞していることも特筆すべき点です。

新聞制作を担う学生たちは、自分たちの仕事に真剣に取り組み、常に質の高い、興味深い記事やインタビューを発行して、学校の他の生徒たちに提供しようとしていました。しかし、この記事は、高校生のジャーナリズムを全く新しいレベルに引き上げるものです。

そのため、すでに評判が良く、学校に溶け込んでいたにもかかわらず、この出版物が原因で新任の校長が辞任することになってしまい、今回はやりすぎたのではないかと思う人もいるかもしれません。

正しい人

しかし、エイミー・ロバートソン博士は、教育委員会のメンバーはもちろん、管理者や生徒たちにも感銘を与えていました。

デストリー・ブラウンは、ロバートソンが空席の校長職にふさわしい人物であると述べ、最終的に彼女が選ばれ、2017年3月6日に着任しました。

しかし、この学生記者たちは、エイミー・ロバートソンを採用した学校側の判断に疑問を投げかけるような事実を発見したのです。それどころか、学校の管理者は後になって自分の判断を後悔することになります。

隠された真実

「ロバートソンは何十年もの教育経験を持ってピッツバーグ高校にやってきます」と、この記事が出る少し前に、学校区の代表であり広報担当のザック・フレッチャーは話していました。

彼女は特にAtticusIS AdvisorsのCEOを務めていました。プレスリリースによると、「教育コンサルティング会社で、ビル管理者やスーパーインテンダントと同等のマネジメント経験を積んできた」とのことです。

2017年7月に校長になるために、彼女が皆に隠すために細心の注意を払っていることなど誰も疑わっていませんでした。

善意

デストリー・ブラウンは熱心な様子で、「自分のスキルは学校にとって大きな財産になる」とまで言っていました。

Kansas City Starのインタビューでは、「彼女は、今日の教育現場で起こっていることにとても詳しいという印象を受けました。そして、建物の仕組みや安全な環境を維持する方法を知っています」当時、彼はそれが事実でないことを知らなかったのです。

Advertisements
Advertisements